日産リーフのプロフィールをご紹介

 

日産リーフのプロフィール

セダン的にも使える使い勝手の良い電気自動車(EV車)。

 

デビューから6年が経過しているが、いまだに第一人者の地位にいます。

 

EV専用に開発されたプラットフォームの床下にリチウムイオン電池を搭載して低重心かつ前後重量配分が最適化され運動性能が高い。

 

リーフの航続距離

電池は24kwhと30kwhから選べて、JC08モードで一充電あたりの走行距離は228kmと280km。

 

実用レベルでの航続距離は150km/190km程度で、一般的な買い物から近場へのドライブには問題なく使えます。

 

走行中に二酸化炭素を発生しない事が、EV車ならではの特徴ですが、急速充電でも給油と比べると時間がかかるなど、EVならではの特殊な使い勝手からは逃れられない。

 

 

 

車名の由来

日産リーフのモチーフ
英語で「葉」を意味する「LEAF」が由来となっており、植物の葉が大気を浄化することから100%電気自動車(EV車)に相応しいとの理由で車名に選ばれました。

 

 

リーフのデータ

リーフの新車価格帯

280万円〜401万円

 

販売店

日産全店 (日産店・プリンス店・サティオ店)

 

デビュー時期

2010年12月

 

直近のモデルチェンジ時期

2015年11月 マイナーチェンジ実施
詳しくはこちら リーフモデルチェンジ

 

 

直近3カ月の販売台数

日付

リーフ販売台数

2017年4月

399台

2017年3月

1,571台

2017年2月

1,711台

リーフの販売台数

 

 

 

ベストグレード

リーフX (30kWh) 3,648,240円
搭載するバッテリーによる価格差は約39万円と結構ありますが、EVにとって航続可能距離が延びる事は、大きな安心感につながります。

 

リーフXはリーフSよりも約45万円高く、ナビやオートエアコン、ヒートポンプシステムなどが備わってシート表皮も上級のスエード調トリコットになります。

 

 

 

購入ガイド

モデル末期なのでそれなりにリーフ 値引きも拡大傾向にあります。

 

用品値引き交渉とあわせて、同地区内にある日産店、プリンス店、サティオ店での同士競合をメインに商談をすることをおすすめします。

 

競合車

三菱のアウトランダーPHEVやトヨタのプリウスPHVとのライバル競合も値引きアップに効果的です。

 

愛車の価値を知ってから日産店へ行って下さい!



 日産店へ行く時には焦ってはいけません!!

 なんで?

 まずは愛車の売却相場を知らないと・・・
 愛車の下取り額に対して正しい判断が出来ずに大きな損をする事があるからです。



 まずはじめに!!
 「カービュー」 等のネット一括査定サービスで愛車の売却相場を知って下さい。
 査定額の差が最大で65万円となったケースも実際にあります!